onagawatabi

女川町観光協会がお送りする宮城県牡鹿郡女川町の観光、食、文化、イベントなどの情報サイトです

おながわブログ

金華山に行ってきました

おながわ日記 ブログ/2018年12月6日

先日、女川港から金華山に行ってきました。

3年続けてお参りすると、一生お金に困らないといわれる神社がある島です。

 

日曜日の午前9:30頃、女川港の観光桟橋のそばにある、

カラフルな絵が描かれた待合室兼乗船券売り場に着きました。

予約してなかったのですが、今日の便は余裕があるということで、

11::00女川発、11:35金華山着の乗船券を買うことができました。

帰りの便は13:30金華山発、14:05女川着です。

観光桟橋の左側に繋いである白と青の船で、金華山へ渡ります。

 

岸壁や桟橋のあちこちには釣り人の姿があり、

10cm〜20cmのイワシやサバなどが釣れていました。

桟橋には「釣り人各位 事故防止並びにマナーアップのお願い!!」と書いてある立て看板がありました。

海を眺めているうちに10:30の乗船開始となり、

風や波が静かなので、デッキの席に座りました。

さあ、出航です。

牡鹿半島や、出島(いずしま)江島(えのしま)を眺めていたら、乗船時間の35分はあっという間でした。

金華山の岸壁に着くと、送迎車が待っていました。

私は徒歩で神社まで向かうことにします。

この写真でお分かりいただけるかどうか不安ですが、かなりの急勾配です。

登山靴を履いてきてよかったです。

坂の途中で何度か立ち止まり、エメラルドブルーの海をしばらく眺め、再び登っていくと、

あちこちに鹿の姿がありました。

メス鹿と子鹿が多く、オス鹿を見掛けたのは1頭だけでした。

さらに登っていくと、ご神木の大欅(けやき)がありました。

 

お土産を買ったりおみくじを選んだり、

境内にある休憩所で、持参した弁当を食べたり、

池の鯉に見とれたり、木々の葉の色に見とれたりしていると、

あっという間に13:00近くになっていました。

ちょっと急ぎ足で「金華山 黄金山神社 御拝殿」にお参りしました。

鹿の姿を眺めながら急勾配の坂を下り、岸壁の船乗り場に向かいました。

 

金華山の船乗り場すぐには、

2017年4月にできた「石巻市 金華山休けい所」があり、中にはトイレやベンチなどが設置されています。

金華山にはコンビニはありません!ご注意ください。

お賽銭用の小銭は、多めに用意しておきましょう。

 

女川発着 金華山定期航路は、

潮(うしお)プランニング

0225-98-9038

受付時間は午前9時から午後5時まで。

前もって予約をおすすめします。

今回乗ったのは毎週日曜の定期便でしたが、臨時便についてはお問い合わせください。

text:ほんま

  •  
  •  
  •